日帰りで楽しむスノーボード

  • スノーボードを日帰りで楽しむ

    • むかしはスキーにくらべてあまり流行ではなかったスノーボードですが、いまではウインタースポーツの花形として、広く認知されるようになり、全国にも多くの愛好者がいるところです。

      こうしたスノーボードですが、当然ながら、積雪地帯のゲレンデに行って楽しむほかはありません。


      たとえば東京の都心などで勤務している人の場合、何日かの有給休暇を取得した上で、現地のホテルや旅館などに宿泊をするというのが定番です。

      しかし、一般的なサラリーマンの場合には、連続した有給休暇を取得することじたい、かなりの困難があります。

      そこで、最近では、都心から日帰りでもスノーボードを楽しむことができるような、各種のパッケージツアーのようなサービスもあらわれてきています。

      今、最も注目を集める京都からラフティングの有益な情報をお届けします。

      こうした日帰りのツアーというのは、都心に朝の7時、8時といった早い時間帯に集合し、そこからは貸し切りの大型バスを使い、高速道路で一直線にゲレンデをめざします。



      現地に到着するのは、だいたい10時、11時といった時間帯ですので、昼食をはさんだとしても、十分に日帰りでスノーボードを満喫できるだけの余裕がのこされています。



      たいていの場合、1日リフト券とセットになっていますので、リフトに乗降する回数なども気にする必要がありません。

      荷物を増やしたくないという人には、スノーボードのウエアやゴーグルなどといったものをセットで貸し出してくれる別のサービスもありますので、オプションで選択して利用するのがよいといえます。

top