日帰りで楽しむスノーボード

  • 日帰りで楽しむスノーボード

    • 日帰りでスノーボードに行こうと思うと、始発で出発するとしてもゲレンデに到着をするのは昼近くにもなってしまうので、終電までに自宅に帰ってこようとなれば滑る時間がほとんどなくてもったいないと思ってしまいがちです。

      電車で行くとなれば、ゲレンデ前まで電車が通っているという場所が少ないために、路線バスや送迎車の乗り換えも必要になることから時間のロスも増えてきますが、バスであれば始発や終電に左右されずにゲレンデまで一直線なので無駄な時間を過ごすこともありません。


      夜のうちに出発をしておけば、早朝のリフトが動き始める時間から滑り始めることができます。


      スノーボードバスツアーは、日帰りをメインとして多くの人に利用されています。

      その日の0時に出発することになりますが、乗車場所や便によっては前日の夜中に出発をすることもあります。
      前日であっても夜の22時など遅めの時間なので、仕事がある日でも十分間に合うような時間になっています。

      ナガシマで格安に関する疑問が解決できます。

      バスに乗った後は消灯となるので、寝るだけの準備をして乗車場所に向かいます。

      寝ているうちに移動をするので無駄がなく、場所によっては休憩所があるのでリフトが動き始める時間まで洗顔や朝食を済ませておくことができます。

      スノーボードをするための荷物は多くなりがちですが、日帰りバスツアーであれば荷物の運搬に惑わされることがないという便利さがあります。



      さらに、リーズナブルな価格であることも魅力の一つです。



  • いまどきの旅行

    • むかしはスキーにくらべてあまり流行ではなかったスノーボードですが、いまではウインタースポーツの花形として、広く認知されるようになり、全国にも多くの愛好者がいるところです。こうしたスノーボードですが、当然ながら、積雪地帯のゲレンデに行って楽しむほかはありません。...

  • 知っておきたい常識

    • 関西では六甲や伊吹山など、都市部から日帰りで行けるスキー場が点在しています。マイカーに道具を積み込み、朝から出発してスキーを楽しむものですが、多くの場合は行き帰りに大渋滞に巻き込まれるものです。...

  • 旅行の秘密

    • スキー旅行などに行く場合には、ある程度計画を立てる必要があります。旅行に行く人数、ゲレンデはどこがいいのか、宿泊先はどこにするかなど、行くメンバーとも相談しながら決めるというのも、なかなか楽しいものです。...

  • 納得の情報

    • 真っ白なゲレンデをスノーボードで滑降するのは、他では代え難い快感であることは多くのスノーボーダーが知っています。ゲレンデに着いてから帰るまではできるだけたくさん滑りたいと思うのが一般的ですが、悩ましいのは行き帰りの交通手段です。...

top